umbleafeon

リーフィア&ブラッキーで高レートを目指す!

【SM S6使用構築】穏やかラグ展開リフィブラゲンファイヤー【最高2022最終1934】

SM でのシングルの記事はこれが初めてになるんですね。

お久しぶりです、ゆきやんです。
今回はSM最終シーズンであるS6で使用したパーティの紹介になります。
今回は地雷少なめ(*当社比)となってますので少々物足りない内容となっているかもしれませんがご容赦ください。

【パーティ紹介】

f:id:yukiyan_poke:20171110223614p:plain

使用した並びはこちらになります。
構築経緯としては、まずリーフィアを選出した際に最もサイクルを有利に進める手段となる交代際の草笛に注目。
確定眠りが1ターンある状況となるので、ここに祟り目メガゲンガーを投げることでサイクルカットの起点及び強力な勝ち筋となると考え、草笛リーフィア+祟り目メガゲンガーから構築をスタート。
次に祟り目メガゲンガーを入れるなら、とブラッキー入りで多くの結果を残しているステロ+欠伸ブラッキー+メガゲンガーorメガボーマンダの並びを意識してブラッキーはテンプレの欠伸ねがまも構成で採用、ステロ要員としては催眠展開を阻止してくるコケコ、レヒレを突然死させるために自慢のミラーコート持ちHDラグラージを採用しました。
ここまでの4体を軸にS5では色々試して潜っていましたがイマイチ勝ちきれなかったので一度解散となりました。しかし、S6で別のパーティを色々試しているうちに飛行Zファイヤーの技範囲と3タテ可能な火力、ニトロチャージからの抜き性能に注目。メガボーマンダの代わりとして非メガで抜き性能のあるZ枠を探していたので相性保管、攻撃範囲もピッタリはまると思い、再結集する形となりました。
最後にマンダをファイヤーにした弊害としてバシャ、ウツロイドに薄い点や水、悪の一貫性が気になったのでマリルリを採用して完成となりました。

電気が重たいのでマリルリの枠を別のポケモンに変えたかったのですが、最後の最後まで考えがまとまらなかったです。

【個体紹介】
f:id:yukiyan_poke:20170720201752g:plain
リーフィア @ゴツゴツメット
わんぱく 葉緑素
172(252)-130-200(252)-*-85-116(4)
リーフブレード/甘える/草笛/光合成

ORAS最終シーズンから使用している草笛採用のHBリーフィアです。
役割対象は主にミミッキュキノガッサメガクチート、メガギャラドスメガミミロップメガラグラージとなっています。ステロ展開を防いで催眠も向こうにするカプレヒレに強い点がgoodでした。
草笛については特にキノガッサに後投げ後積極的に打ちます。キノガッサ入りというとカバリザ、ポリクチ、対面構築に入っている印象でしたので交代際のカプテテフやリザードンに刺さり、ゲンガーで突破した後に残ったキノガッサミミッキュリーフィアで詰めるという展開が多かったです。
以前の記事でも書きましたが、リーフィアは役割対象を流すことは得意ですが、役割対象や後続に負担をかけることが苦手です。
役割対象でも平気で突っ張ってくることから、交代読み交代もリスクが伴うこのポケモンでサイクルを有利に進める手段として、一撃技感覚で撃てる草笛はとても強かったです。

f:id:yukiyan_poke:20170720201756g:plain
ブラッキー @食べ残し
わんぱく シンクロ
202(252)-*-172(212)-*-153(20)-88(20)
イカサマ/欠伸/願い事/守る

もはやテンプレとなったHB特化の欠伸ねがまもブラッキーです。
SMになって強力なフェアリーが増えたために著しく選出率が落ち、一時期リーフィアのほうが出してたとまで言われてしまったブラッキーですが、このptではマンダの対策と欠伸展開要員として活躍してくれました。
もともとステロを起点とした積み展開を使うのを苦手としていましたがブラッキー入りで結果を残したた人のほとんどがステロ+ブラッキー+エースの構築だったためS3からずっと使い続けていました。
ようやく使いなれてきたかな、という印象です。

f:id:yukiyan_poke:20171110225549p:plain
ゲンガー @メガストーン
臆病 呪われボディ→影踏み
167(252)-*-80-151(4)-95-178(252) (メガシンカ前)
167(252)-*-100-191(4)-115-200(252) (メガ進化後)
祟り目/ヘドロ爆弾/滅びの歌/身代わり

リーフィアの草笛、ブラッキーの欠伸展開から出していくエース。S5やS6序盤は催眠持ちのCS、S6中盤はヘドロ爆弾→守るの純滅びゲンガーを使用し、最終日前日からこの型を使用していました。
このゲンガー技構成については出したときの想定として

1、確定眠りに対して後投げ
2、欠伸で眠るタイミングで死に出し

以上の2パターンを想定した上で強い技構成を意識しました。

1のパターンでは最長眠り願望以外で身代わりを張る意味が無いので、基本的には身代わりが残らない状態で1体処理する形となります。この場合は死に出しでゲンガー対策ポケモンが出てくるので裏のリーフィアブラッキーに交代となります。嫌なパターンとしてはここでバシャやリザX、マンダが積んでくること、身代わりテッカグヤの起点にされることですが、積みエースはステロさえ入っていればヘドロ爆弾で処理か最悪リーフィアのゴツメ圏内、テッカグヤであれば滅び安定となると考えていました。

2のパターンでは身代わりを残して突破できる可能性が高いので相手の出方はとにかく身代わりの除去、スカーフ持ちや催眠対策枠、高耐久のポケモンが出てくると想定していたので催眠術よりも確実にアドが取れる滅びの歌が強いと考えていました。
結果的に滅びが刺さる相手は多く、逆に催眠術が欲しい場面も多く無かったのでこの選択は正しかったと思います。

反省としてはとりあえずHSの滅び個体の技を変えるだけで運用してしまったことです。 ステロ+ヘドロ爆弾で霊獣ボルトロスが落ちなかったのでC調整推奨だと思います。
あとは、対オニゴーリの際に毎回零度を避けてくれたのが心強かったです。

f:id:yukiyan_poke:20171110225627p:plain
マリルリ @しんぴのしずく
意地っ張り 力持ち
205(236)-112(252)-100-*-101(4)-72(4)
アクアテール/じゃれつく/はらだいこ/アクアジェット

アクアテールで無振りカプテテフが最低乱数切り1発
ステロ+アクアジェットで無振りメガバシャーモが最低乱数切り1発

バシャテテフを意識した強化アイテム持ちの個体です。強化アイテムなしのテテフの攻撃位なら耐えるので対面からの処理を意識しました。
あ、今調べたところ球ダメまで耐えそうなので滝登りで球持たせたほうがよさそうですね!(雑)
アクアテールとアクアジェットが思った以上に火力が出るので初手からかき回したり最後にストッパーになったりしてくれました。
はらだいこについては欠伸展開から積めればいいなと思って採用しましたが流石に厳しかったので別の技のほうがいいと思います。滅びの歌とか面白そうですね。
最後までもう少し何かないかと悩んだ枠でしたが、最終日には無難に仕事をこなしてたのでこれはこれでよかったかな、という感想でした。(感想まで雑)

f:id:yukiyan_poke:20171110225704p:plain
ファイヤー @飛行Z
控えめ プレッシャー
173(60)-108-110-194(252)-105-135(196)
燃え尽きる/暴風/目覚めるパワー(地面)/ニトロチャージ

こちらの記事を参考にコケコがとても重かったためニトロチャージから抜いていけるS調整で使用しました。
sm5最高2086 - レート14位のポケモン理論

求めていた耐性と技範囲、火力、抜き性能を持った真のエース。本パーティのMVPです。
火力については元の記事を見ていただければわかりますが本当にすごいです。困ったら飛行Zで吹き飛ばすことを意識して選出してました。
また燃え尽きるによるタイプ変換で無理矢理水タイプにも突っ張ることが出来るので対面のレヒレやスイクンに致命傷を与えたりもできて色々誤魔化しがきくのもえらい。
ラグラージを見たお相手が先発にリザを置いてくるパターンがとても多かったので基本的には初手に投げてニトロチャージ+飛行Zで処理→裏に燃え尽きるとかで圧力をかけていました。
リザYと比べると炎打点が弱い代わりに通りがいい飛行技の火力がとんでもないのでニトロチャージからのアタッカー運用ではこちらのほうに分があるのではと思うくらいでした。

初めはめざ地個体を持っていなかったため、火炎放射で運用してましたが、マリルリの枠を色々試している際にヒードランが重すぎることが発覚。急遽Yを周回して厳選してきた個体です。これがレート終了1週間前の出来事でした…
数多のヒードランを処理するだけでなく、ウツロイドに交代読みで刺したり、燃え尽きた後の命中安定打点になったりと使うタイミングは多かったので苦労に見合う強さを発揮してくれました。

f:id:yukiyan_poke:20171110225754p:plain
ラグラージ @オボン
穏やか 激流
204(228)-*-114(28)-105-156(252)-80
熱湯/ミラーコート/ステルスロック/吠える


<物理耐久>
意地っ張りマンムー地震で49%〜57.8%(下二つ切ってオボン発動、オボン込み2耐え)
意地っ張りマンムーのZ地震で87.2%〜102.9% 乱数1発 (18.8%)


<特殊耐久>
臆病テテフのPFサイキネZ最高乱数切り耐え
控えめテテフのPFサイキネ48.5%〜57.3%
(下3つ切ってオボン発動、オボン込みで2耐え)
臆病コケコの眼鏡草結び最高乱数切り耐え
無振りレヒレのC3上昇Z波乗りで88.7%〜104.9%乱数1発 (31.3%)
控えめレヒレのC1上昇ハイポンZで78.4%〜93.1%
控えめウルガモスギガドレイン74.5%〜88.2%
控えめウルガモスの1上昇Z破壊光線72.5%〜85.7%
臆病霊獣ボルトロスのC2上昇きあい玉Zで88.7%〜104.4%乱数1発 (31.3%)
臆病メガゲンガーの催眠祟り目で51.4%〜60.7%(オボン込み2耐え)



今回の地雷枠です。こいつも実はS3から使っているのでSMといえばこいつみたいなところがあります(?)
発想はFFのリーフィア使いのマンムーに強く、テテフ、レヒレに勝てるステロ巻きというかなり無茶振りな募集ツイートから(ほとんどの人は襷ダストシュートゴウカザルを挙げていた)
テテフのサイキネはもちろん、当時のレヒレは自然の怒り持ちの食べ残し持ちが多かったので自然の怒りを受けてミラーコートで跳ね返せば勝てるという発想が浮かんだので計算してみると、思いつきにしてはかなり面白く仕上がったのでそのまま自分が愛用していました。

ラグによる起点作成を潰しにきたテテフや草結びコケコ、カプレヒレがミラーコートで沈んでいくのでその後のブラッキーの欠伸展開が相当通りやすくなります。ミラーコートを完全に読まれたのは恐らく一度だけでしたのでかなり読まれづらく、最低でもステロ巻きの仕事は出来る腐りづらさもあって非常に使いやすかったです。
また、上に挙げたように特殊の積みアタッカーに対するストッパー性能が高いためゲンガーやブラッキーを起点にしてくるウルガモスや霊獣ボルトロス対策としても強かったです。

ファイヤーの項で前述したとおり選出誘導がしやすいのも大きな強みで、初手に草技もちを呼ぶためファイヤーやゲンガーを初手で投げるとアドが取りやすく、もし読み違えて出てきた電気枠に対してもこのラグラージの後投げが安定するのでかなり安定した立ち回りが出来ました。

正直ステロ巻きというよりミラーコートでカプを吹き飛ばす役として大活躍していましたが、今までの地雷ポケモンに引けを取らないおすすめの一体に仕上がっております。


【パーティ全体を通して】
選出パターンはいつもどおり臨機応変にといったところですが、ファイヤー+ラグラージ@1が多かったかなと思います。
結果的にゲンガー軸の選出を活かしきれてない印象だったのでゲンガー+リーフィアorブラッキー@1の選出パターンをもっと煮詰めていければいいなと思いました。

重いポケモンとしてはバンギラスサザンドラウツロイドバシャーモ辺りがナットレイジャローダと徒党を組んでこられると相当厳しかったですね。あとは飛行Zでリザードンを倒した後に裏から出てくるミミッキュや、テテフをミラーコートで倒した後に出てくる霊獣ボルトロスなど、ファイヤーやラグラージに役割が集中すると辛かったです。
しかし、滅びゲンガーの誤魔化しもあって明確に無理な並びは少なかったと思うのでパーティの完成度としてはかなりいいとこまでいけたのではないかなと思っています。

【最後に】
ここまで読んでいただきありがとうございました!
SMでは2100を達成することはできませんでしたがUSUMではまた2100目指していきます!

そうそう、USUMではシングル61の時に活躍してくれたジャラランガ君が強化されるそうでとても楽しみですね

ーーえ、ミミッキュZ!?
たしかA2上昇のじゃれつくZをリーフィアが乱数で耐えるくらいのはずだから……

…USUMではねがまもリーフィアと一緒にがんばります!

f:id:yukiyan_poke:20171110230452j:plain

【S4スペレ1on1使用構築】リフィブラジャラランガ【最高最終1906】

S4お疲れ様でした。ゆきやんです。
今シーズンはプリティプリマとこのシングル61に力を入れてました。
注意として、この成績はプリティプリマ以前に達成したものです。そのため、プリティプリマ以降は環境が全くわからなくなってしまっていたのでサブロムで同じ構築を使って両ロム1900乗れば先を目指すという方針をとっていました。最終日のサブロムの成績は最高1840程度、最終が1762なので最終日の環境でも戦えてないわけではなかったかなと思いますが、流石に最終日とはいえ3時間で300上げるのは無理がありましたw

というわけで前置きはこの辺にして構築紹介です。

f:id:yukiyan_poke:20170720194812p:plain
f:id:yukiyan_poke:20170720211447j:plain


今回のシングル61において真っ先に意識したのはオノノクスへの対応とリーフィアの活躍の機会をいかにして作るか。この2点です。
リフィブラで潜る以上、スカーフオノノクスに対して上から縛って処理する作戦は選出が片寄ると判断して早々に諦め、ハサミギロチンを誘って1回避ければ勝てるリーフィアブラッキーを用意。ジバコイル以外はオノノクスが来ても勝ち筋を取れるようにしました。
次にリーフィアの活躍の機会の作り方についてですが、これは完全にマリルリを誘ってました。そのため初めはジバコイルが入っておらず、草食滅びマリルリを誘って倒すをコンセプトにptを組んでました。しかし、途中から思ったよりマリルリが少なく、マリルリを誘おうとした結果他のフェアリーがキツすぎたのでジバコイルを採用してオノノクスを誘い70%の勝利を狙う方向にシフトして現在の形となりました。
その過程でマリルリを誘いつつ草食滅びマリルリに勝てる可能性のある防音ジャラランガに注目。これが面白いほど活躍したのでリフィブラジャラランガからptを組み直し、フェアリー対策に鋼2枠からアシレーヌに勝ちやすいジバコイルカミツルギミミッキュに強く単体性能に絶大な信頼を置いているドサイドンを入れてptが完成しました。
相手の選出を一点読みしなければならないため決して使いやすいとは言えませんでしたが、困ったらジャラランガを投げると案外なんとかなってた印象でした。

以下単体解説です。


f:id:yukiyan_poke:20170720201752g:plain
リーフィア @ゴツメ
腕白 葉緑素
172(252)-130-200(252)-*-86(4)-115
リーフブレード/呪い/身代わり/光合成

マリルリに負けないリーフィア。呪い3積みで最遅マリルリ抜かれになるので身代わりから入って滅びなら呪い連打、物理アタッカーならリーフブレードで勝てます。めざ炎マリルリは知りません(1敗)
オノノクスドリュウズカミツルギといった拘って最悪一撃技勢は初手をかわせば身代わり連打でpp勝ちが十分狙えます。
また、pt唯一格闘と打ち合えるのでダゲキローブシンを見たら積極的に選出していました。
信頼を置いている物理受け特化型ですが、アシレーヌが重かったのでチイラを持たせても面白かったと思います。
選出率第3位

f:id:yukiyan_poke:20170720201756g:plain
ブラッキー @黒い眼鏡
生意気 シンクロ
202(252)-85-160(252)-*-168(4)-76
イカサマ/不意討ち/挑発/月の光

急に出てくるナットレイドヒドイデのような超鈍足耐久ポケに強く毒キンシガルドにも負けなくなる挑発持ちかつイカサマ不意討ちで耐久無降りのオノノクスドリュウズが確定飛びます。
D補正のHB振りはゲッコウガ意識でS下降補正の理由はプリティプリマの使用個体と同じくその個体が手元にいたからという妥協です。挑発持ちなら普通に慎重が良いと思います。
コケコテテフが居るのでなかなか出せない場面が多かったですが、型はこれがベストだったと思います。
選出率第6位


f:id:yukiyan_poke:20170720201119g:plain
ジャラランガ @ハバン
穏やか 防弾
175(196)-*-146(4)-122(12)-157(140)-125(156)
スケイルノイズ/火炎放射/気合い玉/身代わり

今期使用したジャラランガ四天王の一体。最速ギルガルド抜きと控えめスカーフポリZの適応力破壊光線耐えの個体でこちらのカエールさんのQRパをこいつ1匹で完封出来ると見て育成しました。3ds.pokemon-gl.comここまで耐久に振るとゲッコウガの冷凍ビームを耐えるので返しの気合い玉で倒せます。当たれば強いです。
他の育成したジャラランガも3体のうち2体はハバン持ちの最速80属抜きの身代わり持ちとなっていて多くのオノノクスポリゴンZを倒してくれました。また、どの個体でも火炎放射を採用しており、カミツルギに対してのeasy-winを狙ってました。マッシブーンフェローチェにも勝てたのはこの技のおかげです。
3種類の特性と両刀種族値による初見殺し性能と選出縛りが優秀なだけでなく、耐久の高さと技範囲の広さを生かした対面性能の高さが優秀なため、困ったときはジャラランガを投げてました。火力は不足気味ですが、想像してたよりだいぶ強かったです。
特性は防弾。ナットレイ、毒キンシギルガルド、イワパレスを完封することが出来るのでメタとして機能しやすく、滅びの歌やニンフのハイボ、ポリZの騒ぐ対策の防音より活躍の機会は多かったです。
選出率は堂々の1位。ジャラランガ is GOD

f:id:yukiyan_poke:20170720201842g:plain
ジバコイル @眼鏡
控えめ 頑丈
175(236)-*-110-198(236)-137-83(20)
10万ボルト/ラスターカノン/めざパ氷/ミラーコート

普通の頑丈眼鏡ジバコイル。カプ系と水タイプの選出を抑制し、オノノクスを呼ぶ枠。パーティーメンバーがかなり個性的な関係でメジャーなカミツルギジバコイルを意識した選出が多く、結果的にジャラランガを通しやすくなりました。
化身ランドロスへの明確な回答がこいつのめざ氷しか無いため、流行りに流行っていたカエールさんの1つめのQRパにはジバコイルを出すかオノノクス警戒でジャラランガを出すかという厳しい択になっていました。
選出率第5位。基本的には見せポケ枠です。

f:id:yukiyan_poke:20170720201007g:plain
カミツルギ @スカーフ
意地っ張り ビーストブースト
135(4)-228(212)-152(4)-*-69(140)-162(148)
リーフブレード/スマートホーン/聖なる剣/ハサミギロチン

草食マリルリを誘える鋼枠でジバコイル同様フェアリーと水枠への牽制がメイン。スカーフを持たせることでゲッコウガやカプコケコにも先制できるようにしました。Dが眼鏡コケコの10万耐えになっていないのが反省点、乱数50%で甘えていたら一度も耐えなくて逆に狩られていました。
聖なる剣はポリZに撃ちたくて採用しましたが、耐え調整が主流だったので別の技でも良かったと思います。
このpt唯一の一撃技ワンチャン枠。カプコケコ、アシレーヌスイクンを見たときに選出するケースが多かったです。
選出率第4位。やはりメインは見せポケ枠でした。

f:id:yukiyan_poke:20170720201905g:plain
ドサイドン @鉢巻き
意地っ張り ハードロック
191(4)-211(252)-151-*-106(252)-61(4)
地震/ロックブラスト/岩石砲 /しっぺがえし

ORASのシングル61で初日元気マンしてたときに使って強かったドサイドンをAD鉢巻きで採用。ミミッキュテッカグヤに強いポケモンを探してたところ、岩Z岩石砲でH振りカグヤが飛ぶなら鉢巻き岩石砲でももちろん飛ぶよねという発想から改めて注目しました。等倍のポケモンは大体岩石砲で吹き飛ばせてとても強かったです。
技はミミッキュや毒みがボルト、オニゴーリに勝てるロックブラストとテッカグヤオノノクスを1撃で吹き飛ばす岩石砲、安定打点の地震までが確定で、残り1枠には風船ガルド用のしっぺがえしを採用しました。キンシ連打されてもA2段階下降で剣ガルドが確定1発なので2連キンシや身代わりラスカノ以外は倒しにいけます。
チョッキドサイドンでメタバ持ちももちろん強いのですが、オノノクスになすすべなく負ける点が気になったので岩石砲で一撃で倒せる鉢巻きが強いと感じました。
選出率第2位


【まとめ】
基本はフェアリーは出てこないと仮定してジャラランガドサイドンで勝つ、ダゲキローブシンがいたらリーフィアを出すといったピーキーな選出をしていました。ジバコイルがいることやパッと見よくわからないポケモンが多いためかオノノクスを誘うという作戦は成功し、初手ハサミギロチンを避けて勝ちを稼いでました。常に3割の負け筋が付きまとう反面、多くの試合に7割で勝てることはptの大きな強みだったと思います。
正直なところを言うとブラッキーはこの構築には合ってなかった思います。リーフィアを活かすことを意識しすぎた結果であり大きな反省点です。リーフィアブラッキーの両方を生かして勝てる構築を作ることが今後の課題ですね。
S5のスぺレは逆さ、大会はリーフィアのみ参加可能となっていてこれはこれで面白そうなのですが、某イカのゲームに初挑戦するのであまり時間は取れないかなと思います。

USUMまでにもう一度シングルレート2100を目指してみたいところですが、構築がなかなか浮かばないですね…まあ、目標は高く!次の記事ではレート2100達成しました!と報告できるよう頑張ります!

例のごとく質問等あればTwitter(@yukiyan_pokemon)までお願いします!
ではでは!

【プリティプリマ使用構築】水浸しリフィブラコータス【最高1770 最終174x】

公開している記事はORASのS17のもの以来でかなりお久しぶりとなりました。ゆきやんです。

久々のブログ更新ですが、その間もずっとポケモンはやっており、サンムーン入ってからもシングルでは何度かレート2000を達成できてはいます。しかし、記事にするほどの完成度の構築ではなかったのでここまで間隔があいてしまいました。楽しみにしている方がいらっしゃったら申し訳ありませんでした。

 

さて、今回は公式大会のプリティプリマにリフィブラが出られるということで、初めてダブルバトルに挑戦しました。結果は最高1770と目標の1800には届きませんでしたが、初めてのダブルバトルの記録ということで構築記事として残すこととしました。

 

使用構築はこちらになります。

f:id:yukiyan_poke:20170626001250p:plain

 

プリティプリマだけあってカワイイポケモンしかいないですね!

リーフィアブラッキーは言うまでもなく、サンダースもブイズだけあってかっこよさの中に可愛さがある、コータスも味のあるいい顔してますし、シャンデラも最終進化とは思えない素晴らしいデザイン。そしてバスラオは食べるとおいしい。

 

はい、というわけで見てのとおりリーフィアをアタッカーとした晴れパです。

パーティを組んだ経緯としては、ルールが発表された時点でカミツルギが出られると話題になっていたので、以前から使いたいと思っていた透明金魚さんのビショブレードパがそのまま使えると思い、プリティプリマ環境最速の水浸し使いであるバスラオを入れるところからスタート。

【SM_ダブル_WCS】ラブルツルギ-ビショブレードパ/ラブカス水浸し構築 | トウメイキンギョNEWSポータル | note (*無断転載すみません、問題があれば削除します。)

 

そのため最初はサンダースの枠がカミツルギでしたが、ルチャブルが辛すぎるのと水浸しアタッカーを片方特殊アタッカーにしたいと思ったので最終的にはサンダースに変更となりました。あとは晴れ要因にコータス、追い風への切り返しとメンタルハーブミミッキュのトリル展開を妨害できるトリル持ち封印シャンデラを入れて構築が完成です。

仲間大会等で試運転していると、猫だまし先送り追い風トリル等の水浸し展開への妨害が多すぎてまともに機能せず、pt解散も考えました。しかし、水浸し抜きでも予想以上にバスラオが活躍することが判明したため、そのままの構築でとにかくダブルバトルの経験を増やす方向で構築を煮詰めました。

そんなバスラオ君の解説は後程!

 

それでは、以下単体解説です。

 

【単体解説】

リーフィア @地面Z

 意地っ張り 葉緑素

 159-178-156-*-86-123

 リーフブレード/はたき落とす/穴を掘る/守る

 H:16n-1 A:全振り S:晴れ時最速スカーフバスラオ-1 残りB

 

本ブログでは初めての完全アタッカーリーフィア

水浸しコンボの関係上リーフィアバスラオを抜いてはいけないのでこのS調整です。惜しくも最速マラカッチと同速なのでお先にどうぞ晴れにはあまり出していけませんでした。

普段物理受けしか使ってないのでリーフブレードが思ってたより火力が出てびっくりしました。しかし、地面Zでコータスが飛ばないところを見るとやはり少し物足りないと感じますね。その地面Zは環境に多かったシャンデラドリュウズ、Aガラガラ、Aベトベトンによく刺さってました。

耐久はあくまでS調整の余りを振り分けただけので明確なので明確な調整ラインはありませんが、普段物理受けしか使っていない自分にはこの形が使いやすかったです。

水浸しリーフブレードについては試運転段階では結構決まっていましたが、本大会ではあっちこっちから追い風や雨ごいが飛んできたので晴れ前提のS調整だと抜ける範囲が狭くてなかなか難しかったです。

 

ブラッキー @黒い眼鏡

    勇敢  シンクロ

    202-128-131-*-150-76

    イカサマ/ふいうち/挑発/つきのひかり

    HAぶっぱ

 

本大会はマークの制限がなかったため5世代の遺産である勇敢HAブラッキーを技を変更して使用しました。

ふいうちは4世代限定技なので特性は通常特性固定なのですが、何度か無警戒でブラッキーねこだましを打たれたので精神力がだったらなーと思ってました。

勇敢でSがVである理由は昔のことなので忘れてしまいましたが、相手のブラッキーポリゴン2を抜けないことが多々あったので流用せずに意地っ張りで乱数し直せばよかったと後悔しています。

イカサマ+不意討ちでドリュウズシャンデラカミツルギを倒すことができるパワー、いたずらごころ無効かつ、見かけ上ねこだましが無効から挑発出来たりと普通に便利で強かったです。

 

・サンダース  @電気Z

 臆病 蓄電

 141-*-81-161-116-199

 10万ボルト/めざめるパワー炎/光の壁/守る

 非王冠個体のためCS248振り、余りHBD

 

ルチャブルを抜ける水浸しアタッカー。めざ炎はカミツルギ用、10万ボルトZでH252コータスが確定1発となります。

王冠を視野にいれて厳選していたところ、あっさりめざ炎理想個体が生まれたのでそのまま使用しました。s実数値199でも準速スカーフシャンデラは抜いていたので特に問題はなかったと思います。

また、耐久ラインを少し伸ばすと水浸し状態の陽気ドリュウズ地震ダブルダメージを確定で耐えることが出来たのですが、コータスへの10万ボルトZの確定数がずれてしまうので今回は火力を取りました。ドリュウズルチャブルといった出し方に対して一度ドリュウズを無視できるのでそっちでも面白かったかなと思います。

水浸し展開が出来たときの制圧力はかなり高く、モロバレルポリゴン2でも処理しに行けるのですが、ライチュウトリトドン、Aガラガラが居ると全く通らなくなるのでかなり厳しかったです。

 

バスラオ @スカーフ

 陽気 適応力

 177-113-85-*-75-165

 滝登り/命がけ/水浸し/挑発

 HSぶっぱ

 

構築のスタートとなった魚。

プリティプリマ環境では最速の水浸し使いです。

スカーフを持つことで葉緑素状態の最速マラカッチをぴったり抜くことができ、Hに振り切ることでコータスが命がけで確定1発となります。このため、おさきにどうぞを採用した晴れパには積極的に初手から出していきました。

また、火力面は適応力による影響で無降り滝登りの割には強いといった印象で、無降りのドリュウズシャンデラが乱数1発です。このため先発だけでなく、終盤の詰めのタイミングで投げて上から滝登りや命がけで詰めていくといった使い方もしていました。

最初は最速水浸しにのみ注目しており、型破りによるミミッキュ対策に見えたり、最悪命がけで相手を無理矢理処理する役に出来ればいいなくらいに思って採用しましたが、実際に使ってみればプリティプリマ環境で多いポケモンに対して水浸し以外の役割を持つことができ、スカーフによる地雷性能も高いという超優秀なポケモンでした。

挑発の枠は直前まで諸刃の頭突きにしていましたが、オドリドリや晴れ下のシャンデラ、ブースターくらいにしか撃つところが無かったのでトリルや積み系相手にも使える挑発にしました。あまり使うところはなかったのでドリュウズに対して確定がとれるようになるアクアテールやこごえる風があってもよかったかもしれません。

さて、ここまで書きましたが先述のとおり、結局こいつの一番の役割であった水浸しは機能しなかったので主な役割は命がけでした。水浸し戦術自体は強いと思うのですが、ダブル初心者がそれだけで勝てるほどプリティプリマ環境は甘くなかったです。

 

コータス @シュカの実

 冷静  日照り

 177-*-160-150-91-22

 噴火/熱風/ソーラービーム/守る

 HCぶっぱ最遅

 

環境トップメタの晴れ始動要員。

持ち物はドリュウズやAガラガラ、トリトドン相手でも1度行動することができるようにシュカの実。特にドリュウズの処理ルートとしてはかなり信頼を置いてました。

噴火はこちらがトリル展開するパターンがあるので最高火力として採用、こちらのptは半分Sの速いポケモンで組んでいるので相手がトリルを展開することも多く、それに対する強力な返しとしても機能してました。

炎技が範囲技しかないので少し動きづらかったですが、トリル展開を積極的にするptではないため熱風は必須、また、pt全体で重ためなトリトドンや水浸し展開をした場合においても火力となれるソーラービームも切ることが出来ませんでした。

耐久も火力も申し分なく、リーフィアの補助もできるとあって選出率は恐らくトップ。とても強かったです。

 

シャンデラ  @カシブの実

 控えめ  貰い火

 159-*-118-209-111-108

 熱風/シャドボ/トリル/封印

 H-B 陽気ドリュウズ地震ダブルダメージ耐え C 11n S 残り

 

メンタルハーブミミッキュにもトリル展開されないために封印シャンデラ。トリル対策以外にも相手のシャンデラを機能停止させたり、ポリゴン2からの打点を無くしたり、コータスの熱風封じることが出来たりと封印が腐ることはないだろうと判断して採用しました。

耐久をドリュウズ意識で行動できる程度まで割いて、残りは相手の襷シャンデラを抜くためにSに振りました。4振りFCロトム抜きとなっていてSの調整先になりやすそうなので同速のシャンデラもいたかもしれません。

持ち物はシャンデラミミッキュと対峙しても積極的に封印を打ち、次のターンも生き残りやすくするためにタスキではなくカシブの実。ベトベトンドリュウズが見えていてもトリルを打ちにいけるタスキとどっちが良かったかは今でも結論は出てないです。

相手が追い風やトリルしていくptに見えたら積極的に出していました。

 

【まとめ】

初手は相手のptに合わせて考えていましたが、「晴れパが来たらこの2体、追い風が来たらこの2体」といった明確な選出パターンが決められず、毎試合時間いっぱい選出を考えてぶれぶれな選出をしていました。プレイングもダブル初心者のためボロボロすぎて酷いものでしたが、それを除いたとしてもpt構築よりも選出パターンを決めきれなかったのは一つの大きな敗因だったと思います。

今回ダブルに挑戦してみた感想としては、ダブルは考える時間が短く、単純にシングルよりも選択肢が多いのでやはり難しいなと痛感しました。もっと縛りや守るの択を自然に考えられるようになれば上手くなれると思うので、もし次にダブルバトルに挑戦することがあれば、さらに対戦数をこなして経験を積みたいと思います。

今回は1800を超えられず悔しい結果となりましたが、いつもと違うルールと環境でptを考えるのはとても楽しかったです!

もし今後の公式大会でリフィブラが活躍できそうなのであれば、ルール問わず積極的に参加していきたいと思います!

 

何か質問等あればTwitter(@yukiyan_pokemon)まで気軽にお問い合わせください。それでは!

 

 

 

 

サンムーンS2使用構築

 

U2FsdGVkX18w6xNwQlJNyHaKv3H1A4tvf4B5/4jnVBtTKA7nRVKjp1eeY8xOuJtGyox2rZus+JatgEuQEzGzi2/WfFB1rl59xe3fuQpfgcF+xCTXb7hDcrdz+uGs90606PcB2NqnsvHqb6WlKtmu+FCMrLLOK/vLnNRM8STMXsiDbkbK5olSOVlOzf/0A7ARpViLxE1O8tGMd2eW4PzENcoW+LMRHefFcINqHu8CIyWI/+0ZF6S9VEyIxZCAKKXBcD4IKL8sdmUYLE0zgLqlCFjp5e6Y6Ce8EshscxOrbZtmvSGq2bhypwbUwB0Q0SLe7aOx55ldN71aWtrcMaot9NDEsfis9ckrtYEMCGIE+yWPD0gW5ZogIux8Kz6adQCvGcG/8l41N2uh3dEY9x0JQhnSUTJ/9vO4WG20CbJyZ2FTxV8owNlj/wGXOPrhHey+C8wODEvM4AnDe/quEAhNuhnpDImyV5ckiY1/mjYqmSwmI36Eqqlm6XoAOF7dnlygabL8txGTpvKvexxeJ3rpf0fw4xNBdnmqDPW+QwVvz16cjl5cNbV2Jhq4Xrf9bhS6TLUT8FBWbDaSUvEcHmKzYVOuH2VdSGXLhXSTAPeRPFIXpwtxGBBmsFVdAuweByRJ6cZQ9SgGaWANN9ApGFO/woLSBO9Kqms+1cUdmnUN/R4vXaKE6ENQqyKNOr8GgAcbBPpK2NkeFTpmoo3TdIc5wKgEf5DA5D8RdvOKPl6fu9bxnS/b4jDlgycvFqvnP0PKVT+LEgCKzaOyrmQea2YQdviCGEq6JpQRIjSMPEGXgviq/6T3HlDTjOxyrx1wF67Pr/F1VU01ZKwbxDOH1YPU/W/BOs6SmbFlxlUh07UWruEI8r6YDbkexPIxfqevhggBvSuIqlAP4hjLIRMh7x1EqizSZ0TIqMFi551ZIc82zivjD3kIdCuODkwsRVV55W7aSxtnvgHVcEdwmn0KhnzmuxpzlRX6H/0X3x9rCfNKINc7qW8MYRYJFRe36/8uAdlHV504Z6oiudnSZNkTKEVAPDN4tTkKriWOIojCeK7G43By2KFArWCivPBJixGkPlGZHpMyznc3tnucT+w5kKtTtaiGE0X4P8CK3S8+U+LgCvvq2/8miBq8jFe22TYRbrUmQstVukU1sR4veI1BAZaB3l5zhKVmRBOItTIUDz44vDi3b2oZ7F0bnbzwHVlzg8F7mbvKIrjsLypo7sKGOVvOQDcwEZg+Nx1Gncn3+yQizet3a0DxKEF1UYV36s5o4Ocz2x4ktv+wDW3Fjh9wA1RWegr1MZ108iu/1yRrNDIpqOCawhUVYia2RLAToVZgqEoaBOpCz2+Co/xGCROVgBhIH+eD4RxLvqk4lRVEt92kowf9TD9J0ozuM6tvcLh10O63EBpfyHIc5BbdUhwNIOTuPk840BNfzEtR8BB88a+1Gj5rmb7EvX7oASd8Jz/2H+H0i2g6xvBSF1royowCpDDr+rfS/F5r+TlxLuFqwMb6R2GVuBqnM3fChwvyQzwfgJ/R7cCV4BuKAu1UypEpeaOBBB3STKrwCBRaOsuJagcQg3h5YmGRax43WlblSblKh+aDeClm7voBQznK2mXJmbRKgvyA9US7Tns0FfzisJ2rDfootAoxVCROgVrFZTq7g+ekBR3/5m1L0yEdg7pK26K52/ZPK35ZkRVD0jGfqqOnwPfFfJLnSnWLEjJvf9wu0YUjHyNYUg7NJ0psrKVSrdwd13DCS1t5F5Qz68+DLykGDXtw6ee5NWRNTWCCK9IeP3TwYrIvltEyAuh2tFtHl6hIBYLnU2x2A9BKLGF20F1uxqk6QtAc8WVTpfTvZFmsyIYwJd5JNNfMHdeD8MtaG0r+FYel7pBdl2CkHIj03MFSLr4ga51OEzCn/o7oLwwkXWIBtfR3LxetP0+Ml8b+3BWcsONqqgVvPjv5oEIXKUyrlxIUz3UPF+DoOI3kQpkeF/CMyzZFCNB84IUYHxmdiype3l0T4TV/5czUZDSBwx1OUnfksb8etI6+Jy4STL47kKdqmUe6bvOIllMAu5KVH8iFi4PGKNQVOPD02a4DucipRDI60W9Ur5IXE2UHLG0ZJBTJpPgE+MQYx20r6Yje66Sr+QxPknaJEHUpfqRQwWTQlvpEO3R7IvSs0w20zsCX4t+hP0144zuHIf1X6bp7Zp132s5tsl625qItnm80KqX77ZknSt26UGr/dXonA4A8G+UGFqKgflEfkjW8Y+g4aQ266SIZdRG/E1z5heW0DzJ1vD7B0JHlHaS4ZH5qRiXeHre4POFCO12moLZkLcRjmwnLuqF8qcnoq/4FaCwGlZgnWeq5MjJcusOh49CaOtGUTNdalAIeS5NVLMsI0qssCyGXAnaeH3x2k86qayYZ+5dOpsnGVjEhQUW6a+WZXbTHqEr80Ha8EIovtjP/6BC2z3klIOqrWrByEv7A8X6jU/D3L2eqVOXaH3xKWQCVnOIVTkZICOyJlfbfXgcl6/joeGbIfBGnccppjS2pJI/vJL02ktvus3LShl+EcTKw/q2xBmjYLYExeCqcGQaA6sSIlVrEShiYTlBP+3ntiHpvTedHvmd7cVdKtOkzH1B3oek/uGXaZz7D/OLdhChDVn0ziAYNBIGs3bhh6hoYl6PXm8CgfsoHG+IfajWC9Z9tKzsLAHoLcJkW2DC4aR/rIYcZavGCYYxkilB7Qajc8vp0xmkiyO2Ub5LSUxPPkSvalRakCPYqv2E7KVrvnEAxUmMOv90r4Bi7gQNF5hUr9AkRNGUI5DRAqfpMqS1pO3yESe+d5fjAPX+OEQ4ZjcPDOB01ccrrYTGajJA8zOkChqiJS2ySucGO4OrYWshy7sxuEG2jQ2s+Q1TOjv31Q+selZTrUGfns8BVdsOAKUc85Xe9diHdUGm3Lq8x/PJ3qgZfff8ESU5FBaapWwvKGeiLLd+px5p0Dp+2tCcvIUuNZ5zsKqL78INzbP4uulxYEVzZpQ7gnWBhSz63Sq3Ugh9zzbmjb/dNnnzrU7ZTh24vP6ICQoF5xso4AXwFxsr/1fBANaJbi1DFBwcE4zsaGFZ9X2zwMskfZ65UGZczpfbtSopkqOWivnlHFZ6LHTYLUHSiyrntIMgagjdwj0Fjut0y8ma9gGvmj2RreULP+gxQA89W5h+Iy3prQtyXRDoHjFJvFHg2yK0pcpXJzqJXBYvACFixfrJevUNY3sgmJ5mfCaU+5XbSzzdoeVERxl5lJZKDKYI1dzttVkY4fzqNx6aD0bI1Xf453HIR9V1f55yIeemEs8xYjjAqkEOQ88DdXTyCU32QVKS6pxQ8xwuwdWv+GpfCD8/I8UOlfY5AyiG+ZMKNYkgD7FRAakdYHsyjK+wGPlaZRpWSEweETRR324H5nw7gz0StLNP1Pfva4I3Tdt0tTF8WrrqMHGwwFoKml3e5R3IghxrByCbFBDJhhFQRhVBsQbyCF1h+Gm1GxA9jtu70HLuvBTXcxQfS7SWXoNfN5W96o0+1qg8FY+sDCTeSO521KmxBKQwGbDTY+hc4wLJ9euYWUZFpNYnLEHDVhx9aiQE0OoMnwGfRYWMqvhWxo1SgkTOsmE3dXobh3XTfIzn1qm4GMsHPzhQ8SK3hxWrqptzRr+EQF/jckGlYUFLd+JKkTVALNr0NupI4srWg2TG3+ZxqQKA7OHLw60FfUV9hl5ns5YUX4KWkLOeQBVFMsF4qGstIpZ2cRbioF4XnRQDbsMGfnV9fMcf/2PSFmTPm6/2sTLAUfw09GN9tuMgCOFgau98yIhzyUGW5IbcR0T9bkwKLZxBDLqQTijviHhyDP6gLT0+Sa8Itxuz31NQaHjkU6zYnAT3OaTbK/4vgEfRRpiTp6wh+BMnuLtlCgz3VuW+uFzexIDV2/1H1yQRwp5rTXEvbPAJ0ppfZu5ZYD6y7QtgXR/ssLHnfZUs09LveOGIMt2HdlDaS4HfLApq7d6QtMbNnEjSKPHfBGvz2W+bi3HkmNTS0zVgNB9FsL06aIhYAWLsWGLsPmWF2sdgDsvqAwxW43exw5aO+z6VKUaZ0QWo/C+unql+UhLSX6fI+JZioFDXGW9djkRWEQXXP4rNTsELtl6MBM0Xn0PnWvV1m6HgqksYAuZXfSGco8DGVaz0l4Mht2YhcGXIstjywklnxltGixkKiEHw+EV+SzHTLTT9sQKLo4YLElevdUrl9IqL5nT93oET4F/+ZpLWtaqEJtT0ItdEP7ucZQKiFtaZbm2mlKb5U07SgvzqGWZzOffSCdRmhUlg/Ql3W2kYT1PxoK3p1t1eUBJSo4tctiCM/tW29I8LoORW9Ixy/NIJePlGtDEBxjm4iYxn5JctL8NxqK5vPngLyF8ShSoR0/yBWudB7rgSrZzYBf8n8fMlf8uTTc54TyB+AROlVUc6WHo9f4WXs/o04VPR/FQAAhtPJJ+AOiaYMXjas2UxGXUoHE8bf0hxK/mYZ+8xpRh2e8q+KDDQ6adL8ILLRi27UQseIM31Iy4ER5oVP2AN2cACx0/QN4i3iPukLqM6Lj0/BqnOs6gZWDL70ayfhXiXI3VaiuIlDq6yTVqVNznONmAaxu1dGiP6rYy79WwFdndaeVY80xc9teFF7OIM7jLvD4fW71HH5tZ/qPjCgXXBfEb0DlKS/MTyUFI6OqKCbyg9CgvWE9OZGli7IBihLoB6BlcPpn0d9mFVC5KP8aUGjr7B7WeXiFdSmtVMZXykdW5I4RFFRwdVlNbBBS/gqfHNtyXUkaPvvaK66QzHlbexk72hao3zf4vGEP8CBa8Ktk+me8dq1huk0LkAzypu/Ibe+s0v+Bli76UpI9J6YHoYCLC3Osdx2Pd5C9WTvjR400Nd9LByvv3jwaGSyo3Ek4ojXaxvsrhwAf0r+XX6iX68odqO0u1HlnMQSxA7MWM/mn63hpIBC3zcKLk5V2Rww2g7Td20H3uJtOLMwFit+EvYaG/hbLoF6QqnB8TegeC/BcmnticUUIrOMgHRFW1pm+EDqo3VLjpEMhkV2TMTyBiwJxLbVs1SU1C6KJa9mAi7lr5gI592YTjOmMT1gYfqLFYy1ym56tR19m+sfqiy6W0TJb9pBpWMvvfYLHbXLuZy+pSviKGKF2bmMOYZwGArmp8vGTzPsmQux4+BZYnUmIT9E5vAX00RssRLTUuy6H081ljLun7cCDl+hhexgcEX28cVzd73ZTpO2G/i4F1qSS6KGduA5QsdUsInRBk1E2SpuqqhzaXZutBg4/lW99LCamXO9tfzzMeju5C87Awpw9Pk/Su2KJgWXvoRu56npmTc4RqL1+i34DIszzcUhG+1JYt/QfYAOf/kyLAJMpLbEtZdKDNa6xryOSJcJKaMIu+XP8VfCs+ltJwfwnRk7VcYNRaJF9uIoIHsLWMr/fzzwVx4Q373fj7Qexou6fvOmZuaKyyuyN6xVBiDHkzpnukr779VTA8EXco1846Nlqlf9pVI5b8HI/2fG6doIvULroq7Kv4cN35tFTs8CKyjX4HvCfYmQdju66TbU5PetR8XHAqoFi0pNrm8OcygmAkiQxRNfl4+Rfa4Ayyrw0cr+69DqvHYsT6vmVQQuAj7mMTWng03PZGuxAoYJ9xki6HdxCZitcP0r2fDM525MESYEkYUjF7X1yo7UW04wvSRVNHIqm9nu5iZd0vC6/eI6qJTcyrCxB9wcCWc+xyePcDuivRmq5XWhirnSQU46ALRi8BHBGHuxmARbQdxiDVu6tij8Xv7GhIn4og8+hWQsMwS/yUjscDywspGtVW1vYXHmC53z/TR6qSPb/OC8PkA7TUztZmyWmFMOftq5bu6lIfF/J/BKRn+0i376le6HqoNNlTIhvAC9gBF7ShUqkLqZi7vd+OOtYTzplv8oXiYQdhE0OlTxeVMK2ShxruyK0HVql7v7sn8ekxPtOJpux31i5GFHT2cQVuHRwDM16N5CWi1INvwnLn/XiOjLQvV2tX4DJUp5+AnMfPct6jHnUaVrtE/i/rO10zlNmp/kuAvd4+r/UoHMu83BkjHrQKAPbIsZCcz/RkaaC3kZ3a87quIkL7IvZxXqeOZNvNFqQhffkEoiLfPsLxmtbypF+qkGAYJn81BkzDzsHPSgErb/ciUG/iH+Hy+xDG5LXZQZZsTHPssXIifMYw8IojY9EBXdgmDDgCCfezifHpQu8Qz0IC2oq4bYVKx+cwo/yTQEoiVJnHtUc/wqsIOKq417w1dxzK67ohWTlh+NILU3TpsmqXbjr0MG7C3Au8KUJeL2wO7kSTLevtRPW2+MVOE82wUV5MKcZDE97Jb57PuD7/C77UY0PN6n0QXMmwW2+67VHd2v5Kvn5s8un6B5HfQpK3XNsY8xkL4uBbIHD4ybuKJj7TRbiNPuyX6mJya91NwD5yQSxyCb3FGcNJwI3etzxV2jH3HeS0JXAeJdgfv7pO+ITY/ZNRWbd6rsxOEjOplCe0rPsHTkvIkTpmfL5lqjJzwrHcnE1jCOJwZPPBmaWPPu8DT0UdbjdjiN1BNkgYohU581I1jT2ItBam432XDtKpt4rRSTMNbaPzF6gIs5Cdm/ySod+RGhCjvHNLUhNoYni4RL9su3Nx1A01/BHsynxPK+UkYNJ7Y14bUEI+VTOc7mIwbJVDFHHCajjIWakcz5b6m+qMSG9udp8qssHbnGJtTmCpjCzYyknLgdYGreGbPnUG2c152cgGH8XZmWmJzNZH8fGU9OhwqYGJtTmQ253WnVj8oIPxXBYFyRWoPVZs33ZQfyh4TV5stWf3lGXet53N1gZdXSXUrB+UhAtYQatauIjdRNT2cmH9kTxfxBOmyJcrTGqUDrePuJnVAvJLdUBXIIdApapc7eVWwu/814//0aW3c18iIsD1YVSFsdEc/aCrepZ41AOANUWlHTi6nGfGelnivlQ0ka1oOa+P2jNwWakGT5aMYfzUhrMeIen4kPLGGobIFrsMDeaBPq1RSp9JohvYI/arnSIyPVjFRYbClqPyTI06DerLWWjhpqjHyKc1DOxO6KPj0uuJhlXADs6BEs3MDPHoGN9PkjFR7JwY+52FN+B5AwRtjqbhND+gB3zZEQAM8sxTs5NN5thHEQcK3j5jZsVuQ66FHvKwIQ13ZuQ+FrRUMVTz15SwVlx0AFnHEaz4LTI4+sLXs0R+osadFUPbKiBMCto/MJNxT9loQ4DN8jWDGiY7PkaY+xcuOlQBHNLPcEkgr3tOrMK0v1tXMpVj8CBxOQSqRUputipy8VQRlpSjIPNo32MYcYu6mPeV8fyfQXMA6ZfbZi9TXrAIlMVxHvBCPfGyYgVIOldE963JLKT8vaCVk9b1uNAqch56rZyhFluYnh2ywQo1pzfV1y9wpvynriQt9aiuu/YS7/S8bmQzm0+g++/dfK87wCpR6/0KNAMqtvj3tDr3kDJGm4IJ15i1u+V8r5NSn57huKyVdSmfd5RkjYBsCvNhNdLmYFyXAuUMi4YgjCrqNABvdGbfNfAXlV87Rf7R22HbLfgGtS11NJCOjXjXlKwFRE+Gs+8PpPK+E/Y8G9oPubTXh/qi7n6MOiXcEvHLLXDPo2DgRjt+3lEZ0QMyXDW70f2qArZNzJ5p5iJDADCChMn3t3C9pOnlj51iq0XSXsXahy0FgxP0wdnwODk/yMFbLxB6/66y5ZMMRFB8y5jXG+Ps/NtxuF0d1t9adk5aAk2fTWGet8Jc5+UYKvhRl+Rg2ynTTc25MjqRXKZ5eq/hcjVFGjQZCpyEaLKx09CF+xsGp4FKC/qRr2m6uoMGItcufPPPMPO/YlNpkfVosWXJM71hweVyJBFesorltD3IRNiexL0W0FG2bdMGyImKKN6plA9ivcevL2bwr4tjU4dga86CIOKKnE3aS0z6VIbsWdscZOKjJbmf9GsHqvNQhlAO9HhLTA4JpHdt73KbBRqjuRGDyoHzJaG4c3nbrc2M/mD0oXhz1cZNVUTPPj9oLI1zPWSks/HjoFKdiGB3I+1mbKK9P/h7D6TcW9hN/wsAp2qOn5qJ2OFfsHR+nqTAo+TEO8UR1lY+2q+GLkWTom007HiOmek+iaP9Dqv8xC3x9ukblQOGWNdM/ROtcAGPFZHCHtXDLh3lrlRTpVONQIVM/9ET6ZczOM9IO9qQQvxOCa6kaX809qZ4IknQGKvM8hUbl60Nxqlyy011uDlA4YATC0Tz/LBRwnlwLH5rVMQZVWlxqAInXbPuhuPZJfy6MuGzgruhgOj9se+URgUKAi+himfSxIMA4cPWEFI0XnMgX3nOWPsl3iteYMCoCw/97GBhCYpyPlXFRKEyme9Lj68ZRg3XbNBdUu5Hqyrq7aiVOOFWCO7GwC0xdhiFbMHURulTj7iPzHvFNvFVznGH4q6p2Qn0a3+ceGGSgBh1HO9aIcEcia5uvikmAYIS4sH558xK2YMXWqERoK/x70jXAIECA5oJ6TK0X1kb2efgr8+hb1T2F596Hvv9PTOwBL0v7kA1o7IJ4xVryiQmNPoRAWUW3GGrSObiIgpswtlJFSHF4XVJw4bnwMpY7j4wwP8u+gphJaSESzdbCWKdGJ3hYCxK+IsMjtOWwpOSCbVOfLpJ0PCTwfS85oeA+PqRG0HQpaEEPDDoHEKX/XmvLeEb3RJjDCUe6uZFfKTw0djx65DK/cFOY/zQhTpwx/Xi19hJ3QnoyLHF4VYzdwdIlC1OfqYrtVl+XMfKKLIyBq0VXmYoo+lSw0OPFA4ew/JGl/j30uynB0atLTPF+axrIPXONObv2MKSdPOT/6iG4WOtsZO9egF47LBLBe6tGyZ52YualeGz6R7xerdcKr1+HcaJI3FnFsg98LxVDlAte/30kkXmNoB4CPht5yEII0ragXNLX2+7uSJBj7rBKMfyCwIiuQrDbNQtE+WshnQLuSvRuHu+faXQv5dsGsGM7uUnha7zEU9pHDPla6ZDs/lZDLQOQGPrjpdrRTQU2ZdJ04vTndGpuFaLUsj34vF0qEJQyntXNosf6Ilbo3090EAhYqtYP8qGj6cWSpG+BiXwNyuvqI2JUkzLwZM+/vr50J54+Vdrh5z1Z1zzD2TW9Gm6qyp3NhIho1Og3+vD79uye5unt+V/L5FJPrazT/iNmHzOXRjSziV9/OOy+hno3extCzz0E0wxAkUAS9FRGWQh6hbWbagsEmgjKc8UBafhDhh/X3X1eER6Sgto9q9nru3MJ1fxpaINUe3bz+nFTqJOqKaxOdrWZmjDnKsByuV//wPynRWuOnumLZje5xiYcXZGjO4mAlvkJdOGh67zb3QCYVp/RpivSR8DZq6Rie5YB0CxL0hjP/mOfCZPp57rCh2L9h5XYOrdWjnWkCd7r7Pf2NzVDx4HjmF8/xfVugiHKSTF6vFEs/Dol5HmF2w9xOZn7nhBabbEuPd7IwJ8p2lV9QosW5AyEYeH7j3jayQt6d0x6Fmt7QVgWrjIo0+H+E/gsUSKQ36r5/aYoknd8S5OQY7Ix3MAwbY6vh484XJuU47ae5dOK5xCpJjjPdDtKDq8tMknoMT+BEYDY8AlPsq8lfxmqeWfRvPDiASZU2P8n/E6yDhqd5lI+YDgSSJZhNwmokQxTZkkhgLy9PO6bUhCxWUyRoaKr8NNynRhRauaE7o4f9cBSj7yXxyUttMXq4CZDYwAEWuOS9qIof+ylv4K3RoVTF0UuSCdOkRGjXeJQac384XkfrfsQWobYZmnRwGiPwqE4dOoxLfRM7PjcU/uv+UsvZBo8RZKuE153rBxqmymG2nU1fioqfoj7E7pmDE5/k9XXKNzRo25uzY+WQQFpZKoCrpnqR7J/FGY+JXXeB0OtddG5MwBF4YRDQJ2yO9HafTWkN4z6Y0/gY0Vzx1HXowb4WXriNmn2436O3tDsJo1xbvom2dVGvzbZiv/JYSE2v3Za57H8Q3UREJc1uVJUgJMN6i8CE3LuiPwEQCtJYckJqUw9Svu8h52j1N3pWDx5jfOlGe42zp+MUHLss4dzTSaZDxSK+m8a6OQHXJFPfVEYLeLBXWU80W+FMGe8KHvHcB0gKAF7WaH8YuMiSGvFdMzPAAtWoSeaBLOIZ0+byUgLEf2U4S1yGP94ZTF2LBa1aEYGKfKkoTRkpSfG6D6KSCstqYTTb+1Q1r26J8qbmo/4rmWEERknXHRYPlyUDLmDU8zvztjw/9cu6z1OQ5itzZv8C3pq2nByIXTkXWPj6UzyVQ5oYClHP7vS/DqY7jATJInGdMt40diQdP6NDSBrFmAdQWGyETi7HEOU3+JQGddEqBbYwrcnhiEAAmlwVx3Ef3LYVBwroYmO93vfwyGzNAzEzTpHwtUQUIx4LCV2K5b4BXHIG9XJEC8ylcou4kRTcPpqXu8jExhC4e0N54PmNioElrK+NDdU//ePMdpVE8Olc9C/AMXqMH/7+1gKMdMeLzRjRsxT/m7xakByo4cg7WIyOYOVuFA53nq8lab4Ri57U0smlEeMdYd1lBV6a8pok1pwjMAGk0VBA4Q==

魔改造リフィブラサイクル【S17最高&最終2125】

S17お疲れさまでした!…そして、リフィブラ構築をお待ちの方々!大っ変長らくお待たせいたしました…丸1年ぶりの2000達成、そして自身および恐らくリーフィア入りでは初であろう2100を達成しましたので、ご報告とともに構築記事を書かせていただきます!

 

※タイトルに「魔改造」とある通り、以前の構築と比べて威張るや素催眠といった運要素が高い技を選択していますので、不快に思われる方もいるかと思います。その点を理解したうえで読んでいただければと思います。

 

では、パーティ解説に移ります。パーティ画像と2100達成時の画像がこちらになります。

 

f:id:yukiyan_poke:20160914025821p:plain

f:id:yukiyan_poke:20160914024746j:plain

 

並びとしてはS11のメンバーを再調整し、クチートをガルーラに変えた形となっております。クチートを変えようと思ったのはCDG4が流行ったことでヒードランウルガモスが環境に増えたためです。

ガルーラの役割と採用理由については個別解説で詳しく解説していきます。

以下、個別解説です!

 

f:id:yukiyan_poke:20150915030544g:plain

リーフィア @ゴツメ

わんぱく 葉緑素

172(252)-131(4)-187(156)-*-86(4)-127(92)

リフブレ/甘える/光合成/草笛

 

いつもの相棒枠はまさかの命中55%の催眠持ち。

草笛の採用理由はリーフィアの主な役割であるキノガッサマリルリに繰り出した後や相手に甘えるを入れた後に交代読みで打つ技を考えたときに一貫性が高く、リターンが大きいため。そりゃ当てる前提なら当たり前だろ!と怒られそうですが、リーフィアに後投げしてくるポケモンとして主に考えられるのがゲンガーマンダボルトなので、これらを想定して他の技を考えると、

○叩き落とす…メガ枠が後投げされやすいため刺さらないことが多い。

○毒毒…裏の鬼火が入らなくなるデメリットやゲンガーに全く刺さらない点が×。

○欠伸…ステロがないためループできない。また、欠伸が入った後の択を考えると、相手視点ではマリルリ等の一部の役割対象を除けばリーフィアに繰り出したとしてもそこまでのダメージにならないため交代安定。逆にこちら側からすれば交代読みの行動に対して突っ張られた場合、役割遂行できずにリーフィアが落とされる形になるため、結局眠った相手を簡単に処理できたとしても負けに繋がりやすくなり、リスクが非常に大きい。

と、このように他の技の候補はリターンがほぼ無いということがわかります。それであればサイクル重視のパーティの強みを活かして、外れても引けばいいと強気に打つことでアドバンテージを狙いに行ったほうがいいという判断です。

調整は最終日前日まではHBぶっぱの個体を使用していましたが、ふと今期育成した大量のガルーラを眺めていたときに耐久を重視した意地っ張りメガガルーラはS実数値126までのものがほとんどであることに気付きました。最速ガルーラは冷ビ持ちの両刀がほとんどで結局引かざるを得ませんし、リーフィアのS調整としては有名な晴れ時陽気スカーフガブまで抜けるS実数値127調整のほうが動きやすいのではと思い、変更しました。この調整が実際に役に立ったことはありませんでしたが、HBぶっぱよりもメリットはあると思うのでこちらでの紹介とさせていただきました。

今回も選出率はそこまで高くありませんでしたが、草笛によって勝利を手繰り寄せる場面もいくつかあったので以前より勝利に貢献していたと思います!

 

f:id:yukiyan_poke:20150915030628g:plain

ブラッキー @食べ残し

おだやか シンクロ

201(244)-*-144(108)-*-179(100)-92(52)

イカサマ/癒しの鈴/月の光/威張る

 

S11のブラッキーの耐久をギリギリまで削り、Sを4振り70属抜きまで振ることで以前よりさらに欲張り度が増したブラッキー。調整ラインはB方面が陽気ガブリアスのA+2逆鱗を最高乱数切り耐え、D方面が控えめ眼鏡サザンドラの流星群2連続をどちらも最高乱数を引かれなければCダウンと食べ残しの回復込みで耐えるラインとなってます。

素早さに多めに努力値を割くことによって、すぐ下のギルガルドニンフィアを安定して抜けるよう意識し、副次結果として4振りメガハッサムあたりを抜けたらいいなーと考えてました。また、このS調整はメガクチートのようなブラッキーに対して繰り出されやすく、Sにギルガルド意識の調整を施すことが多いポケモンにも有効で、新たに採用された威張るに合わせて繰り出された場合でも先制イカサマ→自傷→先制イカサマで処理できる可能性が残ります。かなり激戦区なので耐久ラインを削ってでも調整するメリットはあったと思います。

ここで、S11とのもう1つの大きな変更点として威張るが採用されていますのでこれについて触れていきたいと思います。

運次第では不利対面を覆すことができる最強最悪の技、威張る。採用理由としては耐久ポケモンへの役割を残したまま、特殊受けとしての役割を遂行する上で妨げとなる気合い玉に対する誤魔化し、悪巧みや瞑想による起点の回避、イカサマによる処理速度の向上が主な理由となります。非常にヘイトを稼ぐ技ではありますが、特殊受けブラッキーとのシナジーは高く、有用性は挑発の比ではなかったので使わない手はありませんでした。特に一般的な瞑想スイクンに対して役割を持てるようになったという点が非常に大きく、ボルトゲンガースイクンといった並びには今まで以上に積極的に出して行けました。

ただでさえ突破が面倒なことに加えて、威張るを採用したことで運ゲーの要素まで加わったので多くの方を闇落ちさせたと思います。不快な気持ちになるのはわかりますし、それに対して申し訳なく思ってもいますが、これがあるのとないのとでは強さが明らかに異なるので、これからも遠慮なく使っていくと思います。

 

f:id:yukiyan_poke:20150915030646g:plain

メガリザードンY

おだやか  猛火→日照り

171(140)-*-99(4)-180(4)-177(204)-140(156)  *数値はメガシンカ後のものです

大文字/ソーラービーム/鬼火/羽休め

 

S11の記事でリーフィア以上に話題をさらった問題児ことHD鬼羽メガリザードンYは今回も健在ですwもう中毒ですねw

変更点としてはアタッカーのボルトロスジャローダがほぼ居なくなったため、Dラインを下げてメガへラクロスとの素早さ関係が曖昧だった部分をはっきりさせるために最速メガへラクロス抜きまでSを伸ばしました。また、火炎放射を大文字にすることによってH175ボルトロスが高乱数1発、H227クレセリアが確定2発、H192ポリ2が確定2発となり物理耐久ポケモンの後投げを許さない火力を得ることができました。

また、H167メガゲンガーに対しての大文字が低乱数1発となっているのでH振りの場合は文字を耐えられた後に鬼火を入れることで道連れされることなく倒すこともできました。特に今期は素催眠と当たることが少なく、ドサイドンゲンガー対面で鬼火や気合い玉に合わせて繰り出すことが出来たのでガルーラでゲンガーを誘ってリザで狩るという流れを想定して立ち回っていました。ドサイドン対面でメガシンカしてシャドボを打ち、Dダウンで突破してくるゲンガーは絶対に許さない。

ここで、とある生主さんに当たったときにコメントで「なぜHDアローでないのか」という質問があったので触れていこうと思います。

リーフィアブラッキーとの晴れのシナジーや晴れとソーラービームによるミトムを含めた水タイプへの耐性、メガ枠を使っているだけあって特殊耐久とサイクルを回した時の裏への負荷のかかりかたに大きな差がある、何より意表が付けてボルトゲンガーを処理できる等…パッと思い付くだけでもこれだけの理由がありますが、特に本来不利となる特殊竜の流星群を羽休めで受けて流すことができ、流し際の大文字で相手のサイクルに大きな負荷がかけられるのは他のポケモンにはない大きな強みでHDアローには絶対にできないことだと思います。また、ボルトロス対面についてはこちらのリザX警戒の電磁波から入ってくるのが8割、残り2割がドサイドンバック警戒で草結びやめざ氷、気合玉を打たれていたので、D振りによる行動保証もあって、とりあえず大文字を打っていくのは非常に有効でした。

火炎放射を大文字にした分、技外しに泣くことも多々ありましたが、耐久を意識しながら物理受けポケモンの後投げができない火力も得られるメリットが相当大きいので技選択は大文字がベストだと思います。ブラッキーが気合い玉2連当ての可能性を切って、誤魔化し誤魔化しで役割遂行しようとしているのに対して、こちらでは大文字2連当てでいろいろ処理しようとしているので、かなり無理がある構築だと改めて思いますね…

 

f:id:yukiyan_poke:20160915053615g:plain

メガガルーラ

意地っ張り  肝っ玉→おやこあい

197(132)-192(236)-101(4)-*-103(20)-135(116)  *数値はメガシンカ後のものです

秘密の力/不意打ち/地震/身代わり

 

6世代を代表する最強鬼畜親子。このパーティでの役割は主に選出誘導、つまり見せポケですw

採用理由は、クチートを変えるにあたり、シーズン序盤でなぜかよく当たったバナバンギやミトムアローに強く出られ、ヒードランの選出を抑制できる単体性能が高いポケモンが欲しいと考えてです。正直カバーしたいところが他にも多すぎてとりあえずガルーラって感じでした。

型に関してはバナを相手にする以上火力が欲しいので意地っ張り、バンギとドランへの打点として格闘技か地面技を入れることは確定。他の技や努力値配分はレートで試すうちに決めようとなり、裏でどうしようも無かった剣舞叩きバシャーモと鬼火持ちのミトムに強く出るために身代わりを採用、非接触の打点とガブリアス対面で強く出るために秘密不意、秘密だとバシャーモへの打点が足りないので地面技として地震を採用という形となりました。

しかし、こちらはガルーラを使うのはほぼ初めて、当然ガンメタされている現環境で出せるはずもなく選出率はリーフィアを差し置いてダントツの最下位。ほとんど選出誘導に徹していましたw

選出誘導については特にゲンガー+スイクンの並びをガンガン誘うので、それをリザードンブラッキーで倒すという形に持っていくことができ、ラス1にはリザードン対策のガブリアスボルトロスが居ることが多かったことからドサイドンリザードンブラッキーという選出で勝ちに行くことがほとんどでした。

なんとこのパーティでは唯一命中不安技を持っていません!6世代の覇者らしい種族値の不足を技でカバーする必要がない圧倒的な強さを見せつけられてる気分になりますねw

 

f:id:yukiyan_poke:20150915030831g:plain

ブルンゲル @オボンのみ

図太い 呪われボディ

204(228)-*-133(244)-105-125-85(36)

波乗り/鬼火/自己再生/トリックルーム

 

S11の個体と全く同じものを使用しました。以前と違うのはガルーラが嚙み砕くや空元気持ちが増え、特にADベースでリザードンともども強く出られるガルーラが多く存在しているので、ブルンゲルがいてもお構いなくガルーラが出てくるようになったことですね…以前は不利をつくポケモンがこちらに多すぎて選出を切って動いても問題なかったのに…

ただし、肝っ玉空元気を考慮したとしてもガルーラ対面は初手鬼火安定です。フリーで噛み砕く連打のほうがキツイですし、火傷が入ればドサイドンでも比較的有利に立ち回れます。

ガルーラの採用によって格闘が非常に一貫するようになりましたが、バシャーモの枠にウルガモスが入っていることが増えたので、そこまでブルンゲルの選出率は上がらず。バシャーモも剣舞叩き膝のような技構成が増えていたので、裏にいることを匂わせて格闘技を打たせない立ち回りが重要になることが多かったです。

また、以前はあれほどキツイキツイと言っていた格闘ポケモンであるメガヘラクロスについてはリザで上から殴ることを意識していることが多かったため、ヒードランに受けられることを考えると厳しい印象でしたが、ブルンゲルヘラクロス対面がこちらに有利であるということを意識すれば、ヘラクレセドランもなんとかなる印象でした。特にヒードランの毒まも型がほぼいなくなったことも大きいですね、ブラッキーブルンゲル、頑張ればリザードンでもヒードラン対面で粘れるようになったのはこちらにとって追い風でした。

威張るブラッキーを入れる前はスイクン対策を考えた貯水ブルンゲルも試してみましたが、ガルーラに交代際に噛み砕くを押されることが増えたため、やはりブルンゲルの特性は呪われボディ一択だと思います。やはりこの特性は強すぎますw

 

f:id:yukiyan_poke:20150915030927g:plain

ドサイドン @イバンのみ

意地っ張り ハードロック

207(132)-198(156)-151(4)-*-102(212)-61(4)

地震/ロックブラスト/冷凍パンチ/つのドリル

 

S11でも使用したイバンドサイドンをそのまま使用、ボルトロスの主流が変わったことでD方面の再調整も考えましたが、イバンで使うならダメージ感覚が慣れているほうがいいという判断でそのまま使いました。今期もやっぱりイバンは読まれなくて強かったです。

ただし、レート2000以上になると鉢巻ガブがドサイドン対面で引いてくることが増えたのが辛かったです。とりあえずガブを突破することから始めないと相当厳しいので…

また、ずっとこのドサイドンを使ってきてゲンガー対面での行動が流行りによってかなり変わってくるので注意が必要でした。

ゲンガーの場合、今期は鬼火や気合玉が流行っているたのでリザバック安定でしたが、素催眠が流行っている場合はC222メガゲンガーの催眠祟り目がこのドサイドンに対して77.2%~91.3%となるので突っ張ることで最長眠りでなければイバン込みによる突破も可能です。

鉢巻ガブへのケアのために初手投げがほとんどだったため、リザ意識のガルーラと対面することが多かったですが、ADベースか無邪気最速がほとんどでしたので地震で削りに行くのが正解でした。冷ビや地震は2耐えできますし、地震で半分くらい入るので削っておくことで後投げをかなり抑制できました。最悪ABガルーラだったとしても弱点保険警戒で秘密から入ってくることがほとんどでした。

技構成について、ロックブラストについては少し考えるべき点で、ボルトロスがほとんどオボン持ちでしたのでボルトロスを強く意識する場合はストーンエッジのほうが有効だったかなと思います。ただ、オニゴーリはガルーラドサイドンと見せてもお構いなしで出てきてたので難しい問題ですね…両採用としたくても他に切る技もないですし…個人的にはロックブラストでも外し負けが多々あったのでストーンエッジは信用しきれないと思います。

2100チャレンジでステロでちょうどイバン圏内に入り、ラス1のメガバシャーモをイバン地震で飛ばしたのは最高にかっこよかったです。活躍の仕方がイケメン過ぎて他のドサイドン使えないですw

 

【総括】

パーティ全体の話をすると、基本的に選出はドサイドンリザードン@1の形になることが多く、このパーティ屈指の地雷を押し付けて数的有利を取っていくもよし、耐久を活かしてサイクル戦を仕掛けてもよしという形になります。ガルーラの選出誘導が効いているためか、ゲンガーかスイクンはほぼ確実に出てきてた印象でしたので非常にリザYが通しやすかったです。

命中不安技や催眠、威張るといった運要素が絡みやすい不安定な構成となっているので調子の良し悪しはやはりありましたが、結果を見れば2ROM2000達成、自身初の2100達成、最終的には最高レート2125で最終順位も初めて二桁で終わるという個人的には大満足の結果となりました。運だけマンだった可能性もこの構築を見ればなくはないと自分でも思いますが、6世代最終シーズンでこのような結果が残せて本当に嬉しいです!

7世代でもリーフィアを使ってレート対戦をエンジョイしていくつもりで考えていますが、ここまで本気でレート対戦するのは恐らく最後かなと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!何か質問があればコメントまたはtwitter(@yukiyan_pokemon)までお願いします!

 

f:id:yukiyan_poke:20160915062105p:plain

【簡易記事】イケメンスタンのぽんぽこ姫【S15使用構築】

あまり記事にするつもりはあまりなかったのですが、構築を作るきっかけになった方が沼にハマってるようなので、参考になればと思って公開しました。今回はリフィブラ以外の記事なので雑に解説していきます!

f:id:yukiyan_poke:20160617180721p:plain

 

キリキザンの枠がブラッキーの時に最高レート1989を達成しましたが、キリキザンのほうがしっくり来たのでとりあえずキリキザンの方で紹介します。キザン入りにした際にレートリセットし、100戦ちょっとで1900チャレンジできる程度の勝率はありました。

 

前置きはこれくらいにして個別に解説していきます!

 

【個別解説】

ルカリオ @メガ石

陽気 AS252振り、残りH

インファイト/アイアンテール/バレットパンチ/神速→ストーンエッジ

 

ラティオスルカリオというイケメン2体で勝ちたいという某氏の希望を反映した構築のスタート。最速ガルーラが環境にほぼいないこと、バレパン2回でほとんどのゲンガーを縛りに行けるところからガブガルゲン系統の構築、特にS15序盤で流行した対面厨パに強く出して行けるようにバレパン神速両採用としました。レート終盤になるとガルクレセや最速ガルーラが増えたことから、ガルーラ対策より鋼と妖精への打点としての採用が多くなったので鋼+マンダ、妖精+マンダへの打点としてストーンエッジを採用しました。

エッジの枠は噛み砕くや地震、冷パンあたりをとっかえひっかえしてましたが、どれも一長一短だったので環境に合わせてどこに厚くするかを考えて判断するといいと思います。

アイアンテールを出来るだけ撃たないように心掛けていましたが、頼らざるを得ない場面は多かったです。アイアンテールを当てるルカリオはイケメン。

 

ラティオス @眼鏡

臆病CS252残りB

流星群/サイコキネシス/エナジーボール/トリック

第2のイケメンにして構築のスタート。ルカリオを受けてくる物理受けをわからせる圧倒的火力!あ、クレセリアはやめてくださいなんでもしますから()

ルカリオを受けてくるところとしてカバやスイクン、そしてカバの裏から出てきて起点にしてくるマリルリへの一貫性を考えてエナジーボールを採用。スイクンの瞑想に対して後投げしても回復が追いつかない点は高評価でした。

基本的には初手で投げて先にメガ進化しようとしてくるゲンガーやステロを撒こうとする地面勢を圧倒的火力で粉砕する、もしくはトリックで裏のマリルリの起点にするといった動き方が多かったです。

 

カバルドン @ゴツメ

腕白HB252残りD

序盤:地震/怠ける/岩石封じ/欠伸

終盤:地震/怠ける/ステロ/吠える

 

信頼の物理受け。イケメンが苦手とするスカーフガブやメガマンダ、メガバシャに比較的安定して投げられること、マリルリでの全抜きをねらうときの起点作りができるポケモンとして採用。

トリルクチートにも後投げ出来るようにS調整は無しで耐久優先、技構成は序盤はルカリオをメガさせる起点作りとマンダ、ボルト、アローへの打点として岩封とマリルリの起点作りのために欠伸を採用していたが、身代わりマンダに起点にされることとバシャバトンに弱いこと、耐久アローの減少により打点を取る必要が減ったこと、マリルリの一貫を作るためにステロが必要だったことからステロ吠える型に変更。キリキザンを採用したことによる削りの重要性が増したので、この判断は正解だったと思います。

ちなみに、吹き飛ばしじゃなく吠えるである理由は新しく個体を用意するのが面倒だったから。

また、このパーティには催眠対策が一切ないのでガッサを見たらタスキを削るためだけに出すこともありました。

 

ヒートロトム @食べ残し

穏やか155-63-128-126-157-124

放電/鬼火/怪しい光/身代わり

 

魔界からの使者。イケメンの突破や麻痺によるストッパーとなるギルガルド、ゲンガー、ボルト、クレセに強い駒として採用。またパーティで唯一のフェアリーを半減で受けられるポケモンとなっています。

役割は上に挙げたポケモンへの対応に加えて麻痺、火傷、混乱によってマリルリが無理矢理お腹を叩く起点を作ったりルカリオのメガ進化を補助したりとパーティの円滑油的な存在。ブラッキーが入ってるときは状態異常によってブラッキーの対応範囲を増やすことができ、キリキザンの場合は剣舞の起点作りをすることができます。

前述のとおり催眠対策がなかったり、ルカリオがギャラで止められたりするので最速でもよかったかもしれない。

 

マリルリ @オボン

意地っ張り 184-112-118-×-101-76 

じゃれつく/叩き落とす/腹太鼓/アクアジェット

参考もといパクリ元→

【S11瞬間最高レート2192】頭脳戦隊ポコレンジャー構築(フーディン マリルリ展開) - ライカの遠吠えブログ

ルカリオラティオスを止めてくるクレセヤドランスイクンを起点にできる勝ち筋として採用。ギルガルドの対策にヒトムブラッキーの採用を決めたところでライカさんのパーティと並びが似通ったため完全にパクらせていただきました。

マリルリがお腹を叩けば勝てるパーティは少なくなく、特にラティルカリオで突破が厳しいバシャ入りやクレセドラン系統、バンドリ系統には積極的に出していきました。

じゃれつくの必要性についてですが、このパーティの場合サザンガルドとのサイクル戦になった場合のサザンドラに対する引き先として採用することも多かったので、個人的には切れないところかなと思います。メガルカリオメガガルーラとの偶発対面からアクジェや裏のルカリオの先制技圏内に入れるのにも便利ですからね。あれ、それだけなら馬鹿力のほうがよくない?

 

キリキザン @命の球

 意地っ張りAS252残りH

叩き落とす/不意打ち/アイアンヘッド/剣の舞

 

ギルガルド対策としてブラッキーの代わりに入ってきた配分、技構成ともにテンプレのイケメン。ルカリオラティオスともに一癖ある技構成になっていたので、ここでようやく正統派のイケメンの登場です。(この部分必要だったかな)

ブラッキーは鈴を持たせることでボルトロスクレセリアにもラティオスで強気に突っ張ることができるところでシナジーを感じていましたが、あまりにもフェアリーに薄すぎる点が気になったのでキリキザンに変更となりました。

ルカリオを見て出てくるギャラドスボーマンダ、霊獣ランドロスの威嚇飛行、ラティオスを見て出てくるクチートの威嚇を利用でき、ラティオスやヒトムに対して岩石封じを撃ってくることが多いガブリアスもA2上昇不意打ちで縛ることができるので特性は負けん気一択。

意地っ張り球の火力は素晴らしく、有利対面を作ることが出来れば悪の一貫性の高さも合わさって後続をゴリゴリ削ることができました。

 

 【全体解説】

さて、このパーティの基本選出についてですが……いつもどおりありません!!

主にカバやヒトムをクッション兼削りとして運用しながらラティオスメガルカリオで高火力を押し付けていく選出が多いです。勝ちパターンとしては高火力押しつけや削りでルカリオマリルリキリキザンの先制技圏内にいれることで一貫性を作る、または眼鏡トリックやヒトムの麻痺混乱火傷、メガルカリオラティオスを上から殴って突破してくるスカーフ持ちを起点にマリルリがお腹を叩くかキリキザンが剣舞を積むことで全抜きをするという2つが主なパターンです。

パーティの強みとしては対面厨パに対して比較的安定した選出(ラティカバルカリオ)があること、かなり攻め寄りの構築なので受け寄りのサイクルパより被弾が少ないこと、柔軟に選出パターンを変えることができて勝ち筋がはっきりしやすいことが挙げられると思います。

リフィブラ抜きということで、初めて押せ押せの攻めるパーティを考えましたが、試合消化が速くてサクサクレートが上がるのが印象的でした。普段サイクル戦でじわじわ詰めていくパーティばかり使っているのでパーティの強さを最大限出せたとは思っていませんが、それでも1900台まで行けたので2000台も十分狙える構築だと思います。

 

【最後に】

最後にこの記事は参考にしてほしいと思って書いた部分が大きいので、現環境(S16)でこの構築を使う場合に改善すべき点を挙げておきます。

まず、キノガッサがかなり多いので催眠対策が欲しいです。最低でもラティオスに寝言を入れたり、ヒトムを最速にしたりの工夫は必要かなと思います。

また、クレセドラン意識なのか水技持ちゲッコウガが増えてる印象を受けるので、ルカリオを神速持ちか特殊にして先制技で上手く処理できるようにがんばりましょう、メッチャきついです。

 

以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました!

【矢印杯優勝構築】メガサナ軸リフィブラスタン【最高1700台】

お久しぶりです、S11が終ってからというもの、新しい構築を試しては崩してを繰り返す大絶賛スランプ中のゆきやんです。今回は初めて大会に挑戦したので記事として残しておこうと思った次第です。だいぶ大会から期間が空いてしまった上にレートでは大した結果を残していませんがよければ見て行ってください。

f:id:yukiyan_poke:20160320014148p:plain

今回の構築は下記の2月28日に行われた右上さん主催のブイズ絶対選出大会、矢印杯に向けて用意したパーティとなります。

ch.nicovideo.jp

このブイズ絶対選出の環境ではニンフィア及びニンフィア対策の鋼、炎(特にヒードラン)が多いと予想して、そこに強いエンテイニンフィアに対面で殴り勝てて、他のブイズにもトレースで後投げしやすいメガサーナイトを軸に構築をスタートしました。
バシャとマンダが重すぎる、水技を半減で受けられるのがリーフィアしかいない等の重大な欠陥が多く、リフィブラとのシナジーも薄いと構築としては不完全ですので、今回はブイズ絶対選出下でのメタの張り方を軸に解説していこうと思います。

【個体解説】

リーフィア@ゴツメ
f:id:yukiyan_poke:20160320013014g:plain
わんぱく 葉緑素
172(252)-130-200(252)-*-85-116(4)
リフブレ/甘える/光合成/こらえる

いつもの物理受けゴツメリーフィア。矢印杯は相手の選出ブイズを見てからパーティ変更が可能のルールなのでブラッキーのメタとしてクチートマリルリガッサが来てもおかしくないと考えていつものゴツメ甘えるを採用。また、トップメタのニンフドランの@1枠や逆にニンフドラン対策として使える最強ポケモンガルーラ、炎枠としてくると考えられるアローやリザXを少しでも削るためにラス1はこらえるの採用としました。
矢印杯での選出率はなんと4/5!!ブイズの中では高めの素早さで物理で殴ることができるという点からニンフィアだらけの環境下では腐りづらく、消耗したサナが相手のブイズを削ってリーフィアで止めというパターンが2回、ラス1のランドロスを詰ませること2回とまさに抑え役として活躍していた。
ブラッキーが出しづらくて消去法的に選出しても活躍してくれるリーフィアちゃんマジ天使!



ブラッキー@黒い眼鏡
f:id:yukiyan_poke:20160320013022g:plain
図太い シンクロ
201(244)-*-178(252)-*-150-87(12)
イカサマ/欠伸/願い事/守る

基本選出となるサナエンテイに合わせての物理受けブラッキー。矢印杯環境ではニンフィアやその対策としての炎、鋼が多いと予想されるので今までのような耐久を生かして詰ませる形でなく、サナエンテイで苦手なゲッコウガやガブ等の物理アタッカーを受けつつ欠伸や願い事でサポートする形としました。
後述するエンテイとのシナジーを考えると癒しの鈴も欲しいところだったがニンフィアへ何も出来なくなることだけは避けたかったので技構成はこれしか無かったと思います。
矢印杯での選出率は1/5とやはり動きづらい印象を受けたが、わりと数が多かったゲンガーやゲッコウガ、そして突然選出画面に現れた化け物ニドキングといったサナの上をとって毒技を撃ってくる奴らに対して後投げが安定するというところでそれらのポケモンの選出の抑制にもなってくれていたので非常に助かりました。
振り返ってみれば選出していなくてもパーティに貢献する、まさにサポート役の鑑のような活躍をしてくれてました。


サーナイトサーナイトナイト
f:id:yukiyan_poke:20160320014736g:plain
臆病 トレース➡フェアリースキン
メガ前
153(76)-*-92(52)-161(124)-136(4)-145(252)
メガ後
153(76)-*-92(52)-201(124)-156(4)-167(252)
ハイパーボイス/サイコショック/挑発/道連れ

汎用性の高い対ブイズ枠として真っ先に浮かんだポケモンニンフィアブラッキーに対面で勝つことができる、バトンブイズやエーフィバトンに差し込める挑発、トレースによるシャワーズサンダースへの後投げ性能、どれをとっても申し分なく、その強みを遺憾なく発揮してくれた。
最初はトップメタとして意識していたニンフドランに一貫させるために控えめ個体で道連れではなくめざ地で採用していたが、ニンフドランの裏で考えられてリフィブラに強く刺さるメガへラクロスや同じくリフィブラに刺さるバシャーモに対してメガ前で抜かれてしまう点が気になったため最速にしました。
道連れはメガ進化後にバシャと対面しても守る読みで打つことで安全に1:1を取れたり、挑発と合わせて重たい相手を無理矢理突破できる点を評価しての採用だったが読まれない道連れは想像以上に使いやすく、とても強かったです。(こなみ)
矢印杯での選出率は圧巻の5/5。メタとして非常によく機能しており、ほぼ毎試合1~1.5匹以上持って行く働きを見せていました。ホント強かったですw


エンテイ@カゴの実
f:id:yukiyan_poke:20160320014915g:plain
意地っ張り プレッシャー
207-165-106-*-113-130 (非理想個体のため実数値のみ記載)
聖なる炎/ストーンエッジ/地ならし/眠る

ニンフィアと相手のニンフィア対策に炎と鋼が増えるならエンテイでまとめて対処すればいいじゃんという発想から軸としての採用が決まった唯一神。調整は耐久をドランの眼鏡大地耐えまで、Sを準速ドラン抜きかつ最速65族抜き抜きまでとしています。
初めはチョッキでの採用を考えていたが、リフィブラを起点に毒まもドランに先に展開された場合の対処と欠伸ニンフィアを考えるなら眠カゴにした方が刺さると考えて変更。矢印杯では毒まもドランに当たらなかったものの、ニンフィアが死に際に撃ったはかいこうせんの反動のタイミングで眠って無償突破となることがありましたw
矢印杯での選出率は3/5、全てニンフィア絶対選出の方との試合でしたが、そのうち2試合は初手でサナニンフィア対面になってニンフィアがそのまま突っ張ってくる形となったのでエンテイが明確にニンフィア対策として活躍したのは1試合のみという結果となったのは少し残念でした。大会中ヒードランに一回も合わないなんて聞いてないよ...

ジバコイル@イバン
f:id:yukiyan_poke:20160320022231g:plain
控えめ 頑丈
175-*-134-198-112-83 (非理想個体のため実数値のみ記載)
10万V/ラスターカノン/めざ氷/電磁波

ニンフィアへの後投げ出来るポケモンエンテイのみでは不安だったためエンテイが投げにくいニンフィア+水枠への対策として採用した。
頑丈イバンで対面性能が高く、霊獣ランドロスとの相性補完も良いのが強み。
矢印杯での選出率は1/5、当たった方でニンフィア入りの水枠はゲッコウガが多かったためエンテイブラッキーでいけると判断し、選出率は控えめな結果となった。しかし、選出した試合ではシャワーズへの打点とゲンガー対策として非常に良く刺さっているだけでなく、シャワーズを10万で麻痺させることでダメージを抑え、実質3タテを成し遂げるという大活躍を見せてくれましたw
個体を貸していただいたとらいぐる氏には改めてお礼を...(PS ようやくめざ氷コイルの孵化が終わったんでいつでも返せます!


○霊獣ランドロス@スカーフ
f:id:yukiyan_poke:20160320030334g:plain
意地っ張り 威嚇
175-210-110-*-100-137 (非理想個体のため実数値のみ記載)
地震/ストーンエッジ/馬鹿力/とんぼ返り

物理受けをリフィブラだけに任せるには今のインフレ環境ではキツいと思ったので採用した威嚇ばらまきマン。パーティ全体でのSの遅さが目に付いたのでスカーフでの採用とした。
矢印杯での主な役割はブースターとサンダース、ニンフィア対策の炎、鋼枠への高速打点。特にリザXやバシャーモのような炎に強い炎枠はドランでなくてもニンフィアの裏にいることが十分に考えられたため、そこへの対策にもなると考えていました。
矢印杯での選出率は1/5、仮想敵であったブースターやリザバシャ等の炎物理アタッカーに全く当たらなかったため、物理受けはリーフィアに任せていました。唯一選出した試合はお相手のパーティにサンダース、チラチーノゲッコウガといったスカーフを持たない高速アタッカーが多く見られ、地面の一貫も良かったためにスカーフが非常に活きた結果となりました。

【総括】
大会結果は5-0で優勝です!やりました!
ベスト4の選出ブイズが自分以外全員ニンフィアのみというまさにニンフィア環境でしたが最強はリーフィアブラッキー、異論はないね?
しかし、メタに関しては完全にハマったというよりはうまく噛み合ったという印象でしょうか。
ニンフィアへのメタは一般的な炎や鋼ではなくゲンガーやゲッコウガといった高火力の毒技で対策している方が多くみられました。その結果サナからの安定した引き先が少なくなり、サナの通りの良さに拍車をかけていたと思います。ジバコやランドがピンポイントで刺さった背景もこの点にありそうです。
半面エンテイのメタとしての後投げ性能は落ちてしまいましたが、ゲッコウガが物理である可能性が高いことから対面で不利を取っているわけではないので、想定していたサナエンテイブラッキーでのサイクル戦ではなくサナとエンテイの対面性能でごり押すという対面構築的な試合展開で勝てたのだと思います。
レートではメタとして意識していたガルクレセドランニンフ系統のパーティにはそこそこの勝率を出せていましたが、バシャやマンダ入りにはかなり厳しい立ち回りを強いられていたので前日にニコ生で矢印杯用のパーティを試運転している方の枠でバシャが見えたときはわりと絶望してました…あたらなくてホントに良かったですw

【感想】
初大会で初めての特殊ルール下とあってメタが上手く機能するかだけでなく、大会進行の面でもいろいろと不安でしたが、とても楽しかったです!
最後に、大会で闘ってくださった皆様、そして大会主催の右上さん、ありがとうございました!
この結果から一人でも多くのリーフィア使いが増えることを願っております。